申し込みをする業者によって違いがあります

0-21

カードローンは現金が急に必要になった時、今すぐお金借りたい時などに、一時的に現金を借入する事ができるサービスですよね。突然の出費は生活している中で起こることが多く、そういった場合に現金が借入できると助かりますよね。

では実際に利用を希望する場合は、サービスを提供している業者を選んで申し込みをする必要があります。では実際にカードローンを利用することができる業者ですが、銀行のほかに消費者金融から選ぶことができます。

この2つの違いは色々ありますが、審査にかかる期間の長さが大きく違いがありますよ。まず早く審査してもらえるのが消費者金融系があります。申し込み後にチェックは最短では30分と短く契約できる事があります。逆に銀行の場合は最短でも1日から2日間程度の期間が必要になります。

ただしそれ以外に2つの業者には違いがあるので、しっかり特徴やサービス内容などを比較したうえでどちらを利用するか選ぶのがポイントといえますね。違いを調べる方法ですが、インターネットの比較サイトなどを活用するとわかりやすいですよ。審査にかかる期間の違いだけでなく、金利の違いや限度額などにも違いがあります。

サイトを利用すると多くの業者を一度に比較されているので、自身が予定している借入額などを踏まえて比較してみるとよりお得に利用できる業者を探すことができます。

またローンを利用するに当たりわからない事や気になることなどがあれば、直接業者に問い合わせをしてみて確認してみてもよいですね。問い合わせをしてみて初めてしるサービスがあったり、返済方法やより便利な活用方法などを知る事もできます。

早い利用を希望する場合は消費者金融系を選ぼう

0-15

カードローンの申し込みを行う業者として消費者金融系の業者がありますが、審査の早さを優先する場合であればおすすめですよ。大手の消費者金融であれば即日融資を対応している所も多いので、早ければ当日に現金の借入を行うことができてしまいます。

現金が必要になる状況として急ぎという事が多いので、申し込みをした当日に借入ができるのはとても助かりますね。ただし現金の振込をする為には時間に期限があり、消費者金融にも業者に種類はありませうが平均して午後2時まで頃が目安になります。そのため審査をスムーズに進める為に、申し込みなどは店頭などの無人契約機などではなく先にインターネットなどで申し込みをしておくのがおすすめです。

インターネットであればパソコンだけでなくスマホからでも申し込みが行えます。そのため業者の営業開始まえでも申し込みをしておくと、営業開始と同時に申し込みのチェックを行ってくれます。早くチェックが行われれば通りやすく、結果として早い契約が行えます。

消費者金融の金利は銀行を比べてしまうと高い設定になっていますが、一時的な借入で金額も少額な場合であれば金利も負担にならずに済みます。また初めて借入を行う人を限定として、借入から30日間の期間限定で借入時の金利が無料といったサービスなどもあります。

ただし消費者金融系の場合は総量規制があるので、利用限度額には制限がかかります。自身の年収の3分の1以上は借入することができません。そのため借入限度額の上限などは、ローンの利用目的なども踏まえて検討したうえで選ぶようにすると良いです。

信頼や低金利を重視するのであれば銀行を選ぼう

0-16

消費者金融以外にカードローンの利用できるのが、銀行が提供してるサービスにります。審査の面で比べてしまうと、やはり消費者金融のスピーディーに比べてしまうと遅いと感じてしまうこともあります。実際に銀行で審査にかかる期間は、申し込み方法などによって違いがあります。

銀行の窓口で依頼をした場合は、資料などの手続きなどの関係によて長い時は1週間ほど期間が必要になることがあります。ですがインターネットを利用した申し込みなどの場合であれば、窓口よりも手早く手続きできるので1日から2日程度で利用することが可能となります。

また銀行では全体的に手続きが長いと思われがちですが、実際には即日利用ができる場合が多くなってきていますよ。またインターネットで申し込みをする際に、合わせて電話で窓口などに手続きを宜しくお願いしますとお願いすると、より早くチェックしてもらうことができます。

また銀行の場合は金利の面で、消費者金融よりも低い事が多いです。そのため借入額が高額を予定しており、長期的に返済していく予定であれば銀行の方がお得に活用できますね。また消費者金融を利用した場合に総量規制による限度額の制限は、銀行の場合は対象外になっています。

そんため年収3分の1以上で限度額を設定することも可能です。同じカードローンでも業者やローンの種類によって特徴などに違いがあるので、しっかり違いを調べて自分に適したローンを選ぶことがポイントですね。

コメントは受け付けていません。.